高原の寺子屋

おかやま希望学園ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

総合学習の様子

10月9日(土)に、学園創立15周年記念式典が開催されます。通信社学級では、総合学習の時間を利用して、15周年記念式行事にご来場される方々に贈るプレゼントを作っています。今回は備前焼陶芸家の宮元先生の指導のもと、約200個の箸置きを作りました。子どもたちは、豆や魚、もみじ、木の葉などさまざまなデザインの作品を作りました。今日、完成した作品を包み、メッセージカードと共に袋に入れる作業をしました。当日ご来場される方々に感謝の気持ちを込めて作りました。下の写真は、乾燥させている作品です。もみじ、そら豆、竹節などができました。
プログ用陶芸作品

スポンサーサイト

PageTop

学校レストランに向けての取り組み

 希望学園では、毎年定期的に「学校レストラン」という行事を実施しています。この行事は、地域の方々に気軽に学校に来ていただいて、一緒に給食を食べて交流をはかることを目的に実施しています。
 今年は、7月8日に第一回目が予定されており、通信社クラスでは、全員で、自己紹介カードを作りました。自己紹介カードにそれぞれ、名前や出身地、好きなこと、お客様へのメッセージを書き込みました。
 また、当日のお土産として、備前焼の箸置きの素焼き作業にも取り掛かりました。

PageTop

総合学習取り組み

陶芸①
 希望通信社学級の総合学習の取り組みを紹介します。1学期の総合学習では、主に陶芸と農業活動をしています。陶芸では、コップやお皿などを作り、素焼後に絵付けや色つけをしました。
 それぞれの作品は、とても個性のあるものに仕上がっていたようです。どの子もとても真剣に作品つくりに取り組んでいました。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。